健康

ビタミンCが不足気味の愛犬に!実はすごいビタミンCの働き

image92

愛犬・愛猫達はビタミンCが不足気味?

人間は、ビタミンCを体内で合成できない為、食事から摂取する必要がある必須栄養素です。
その為、ビタミンCといえば、積極的に摂りいれるべき栄養として、馴染みの深い栄養ではないでしょうか。

一方、犬や猫は肝臓でブドウ糖などを原料にして、ビタミンCを体内で合成し蓄積することができます。犬や猫にビタミンCを摂取させる必要がないといわれる所以はここにあります。

ただ、本当に必要ないのでしょうか?

犬が体内で合成できる合成能力

ビタミンC
犬が体内で合成できる合成能力は一日最大値で約60mg。

ビタミンCの必要量は、
・小型犬で500mg
・大型犬では3,000mg
といわれるので、

体内で合成されているビタミンCの量だけでは、不足しているといえます。

又、ビタミンCの合成能力は、年齢とともに低下していき、5歳を過ぎると急激に合成能力が落ちてしまいます。

その他にも、現代の愛犬・愛猫達がビタミンC不足に陥る要因があります。

ビタミンC不足に陥る要因とは

  • ストレス
  • 副流煙の吸引
  • 運動不足
  • 肝機能トラブル
  • 薬の服用
  • アレルギーや関節トラブルなど健康トラブル
  • 過度の運動、疲れ
  • 肥満

などなど。

現代の愛犬・愛猫達は体内の合成能力を超えるビタミンCを消耗しているといえます。

骨・関節・アレルギー・歯周病・免疫力etc、実はすごいビタミンCの働き!

ビタミンCはとにかくマルチな働きで、健康に生きるために大切、不可欠な栄養素の一つです。

ビタミンCの働き

  • 酵素の働きを助ける(補酵素)
  • コラーゲンの生成
  • 歯茎の健康維持
  • 白血球の機能強化
  • 免疫力向上
  • 菌やウィルスと戦う
  • 腫瘍と戦う
  • ストレスと戦う
  • 抗酸化
  • 尿PHを弱酸性に傾ける
  • 活性酸素と戦う(老化との戦い)
  • 腸内環境を整える

コラーゲンは、細胞と細胞をつなぎ、皮膚や関節、歯茎(歯周病)の健康に欠かせません。
白血球は免疫力向上、病原菌の排除に大きく影響しますし、抗ストレスホルモンは、ストレスによる健康トラブルを抑制するために重要な働きをします。
白内障や老化防止には活性酸素による体の酸化を防がないといけません。

そのような重要な働きにビタミンCは全て関わっています。

ビタミンCは自身のみの働きだけでパワーを発揮するだけでなく、補佐的な働きも豊富にあり、例えば、酵素の働きを助ける補酵素としてビタミンCが働きます。

ビタミンCは長期の健康維持に積極的に摂りいれたい栄養素の一つなのです。

犬猫用ビタミンCサプリのご紹介

cleac
クリアC
天然のビタミンCである天然ローズヒップを低温殺菌により微粉末化。
オリゴ糖を加えることで体内への吸収率を高めています。
歯茎が弱っているワンちゃんにも!

関連記事

  1. 犬や猫にも!ラクトフェリンの効能と摂取法
  2. 犬は冬が好き! ~ 寒さに負けないワン ~
  3. シニア犬の筋力低下・骨折予防に必要なビタミンD
  4. 細分化 ― 犬種ごとのフードの違いって必要?
  5. 犬たちが快適に過ごすために!梅雨~夏の健康管理
  6. 犬の体臭ってどうしようもないの? 食事、ケア対策ってある?
  7. 歯茎の炎症は毎日のケアが重要!
  8. 柴犬の食事、病気、性格をまとめて知って健康長寿に役立てよう
ホリスティッククッキング

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

ホリスティッククッキング
愛犬用新鮮生馬肉
PAGE TOP