病気・アレルギー

結石のための処方食は太りやすい?尿結石で一番大事なのは水分の摂取です。

image105
「尿石用のフードはカロリーが高いものも多いので、太りやすく感じます。何か尿石持ちの子達に朗報があれば教えて欲しいです。」大阪府 M.F様

結石で一番大事なのは水分の摂取です。

結石は別名「生活習慣病」と呼ばれいて、人間が結石の場合も病気ではないと言われます。

1.運動
2.たくさんの水と我慢させないトイレ
3.質の良い食事

が一番自然に結石に立ち向かう方法です。

尿のpHに一喜一憂して野菜中心や肉中心の偏った食事をするのが一番ダメです。(尿のpHは一日のうちある程度高くなったり低くなったりします。結石症の注意点はアルカリ性または酸性にずっとなることです)食事は良性菌類や有機ミネラル含まれる質の良い食事を摂ることが大事です。

食事内容にカルシウムやリンやマグネシウムの量を気にする方も多いですが、AAFCO栄養基準に適合しているものであれば、カルシウム・リン・マグネシウムも適正量になっています。そのようなフードであれば、尿がアルカリ性や酸性に偏るようなことはありません。

結石で一番大事なのは水分の摂取です。

ドッグフードのカルシウム・リン・マグネシウムを制限したり、尿phではなく、水を多く飲んで腎臓内の水分を多くして結石成分を飽和状態にしない、膀胱内に細菌を繁殖させないという、水を飲ませる方法を考えることが、犬の結成の再発予防において重要です。

結石のための処方食は太りやすい?

結石のための処方食には上記のようなphコントロールの特徴があります。

  • ミネラル(マグネシウムなど)を制限
  • タンパク質の量を制限
  • 尿の量を増加させ結石の生成、細菌の繁殖を防ぐ
  • 結石の出来にくい弱酸性尿に

そのための原材料は、
米、コーンフラワー、家禽肉、動物性油脂、コーングルテン、家禽レバー、ビートパルプ、卵パウダー、ビール酵母、サンフラワーオイル、魚油などがあります。

原材料の中に、動物性油脂が含まれていますが、つまり、タンパク質を少なくした分を脂肪で補っている訳です。脂肪が多いと太る原因となります。

そう考えると、体に良いのは処方食ではなく普通の食事だということがわかります。

food_001

水を飲まない子には

水を飲まない子には、ドライフードを与えるよりも、生食がおすすめです。
生にはドライフードにはない水分が多く、酵素、ミネラル、乳酸菌などがバランス良く含まれる、犬にとっては消化吸収の良い最高の食事です。

そしてお水を飲ます工夫としては、ごはん時にフードを水でふやかしたり、犬用ミルクを入れてあげる、魚や肉をゆでたときのゆで汁を少し垂らしてあげるなど、少し味の付いたお水にしてあげて下さい。

そして、運動(散歩)で太陽を浴びて免疫力を上げて下さい。

犬と水について

体重に対する1日の必要量の水分

3kg:250ml
10kg:600ml
20kg:1000ml
30kg:1500ml

Q.ミネラルウォーターをあげる方がいい?

A.悪影響です。
ミネラルウォーターはあげないでください。
ミネラルウォーターに含まれるマグネシウムやカルシウムは大量に摂取すると結石の病気を引き起こす原因となる可能性があります。

犬にあげる水は水道水で十分です。
(ペット用に販売されているミネラルウォーターは大丈夫です。)

Q.冷えた水の方がおいしい?

A.ウソです。
犬に水をあげるときは常温がベストです。
水は10℃以下にしないようにしてください。
夏でも暑いからと言って冷蔵庫で冷やす必要はありません。
冷たい水を飲むと体を壊す原因になります。

水分を取らないワンちゃんにおススメの商品

発酵野菜入り生食 BONE

bone
生のお肉に、内臓・骨・発酵野菜を加えたローフード(生食)
ドライフードでは補えない生きた栄養素が豊富で、水分量も多く結石対策にイチオシ!

新鮮 愛犬用生馬肉

baniku_start
食いつき抜群の新鮮生馬肉。生のお肉には生きた良性菌が豊富で、尿のPHを中性に落ち着かせます。水分も多く、良性菌が膀胱の環境を整えます。

エゾ鹿スープ

ezoshika
北海道産のエゾ鹿そぼろが入った美味しいスープ。コラーゲンたっぷりで毛ヅヤが変わります。
水分をあまりとらない愛犬の結石対策に。

愛犬に生肉を与え続けて10年の川瀬隆庸が監修

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了

愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. 【獣医師が解説】ペットとの生活編: テーマ「手洗い効果アップ作戦…
  2. 【獣医師が解説】ペットとの生活編: テーマ「電解水でヨダレそうじ…
  3. 犬にも成人病?
  4. 最近の犬は骨折しやすい?骨粗鬆症を改善するための3つの対処法
  5. 犬の膵炎(すいえん)|ドッグフードや食生活の考え方~本当に低脂肪…
  6. 【獣医師が解説】ペットとの生活編: テーマ「唾液中の細菌たち」
  7. 犬・猫の尿路結石の原因と対策(2)シュウ酸カルシウム結石とは
  8. 愛犬・愛猫の肝臓のお勉強
ホリスティッククッキング

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

一番鶏のネック骨付き
老犬馬肉
PAGE TOP