しつけ・トレーニング

愛犬の無駄吠えは無駄じゃない?

image012

愛犬にとっては「意味」のある訴え

愛犬の「無駄吠え」。みなさんがよく口にされる問題行動の一つの表現です。
ですが、これは完全に人間側からみた解釈です。人間からみると「無駄」な鳴き声かもしれませんが、愛犬にとっては「意味」のある”訴え”なのです。

「怖いよ」
「寂しいよ」
「嫌だ!」
「誰だ!」
「ご飯ほしい」
「寄るな!」
「遊んでよ!」

愛犬はこの訴えを声に出して表現しているのです。

この行動は飼い主の制止でやむことができれば「無駄吠え」と表現されなくて済むわけです。
「わかったよ。だからもう鳴かなくていいよ」「私がいるから大丈夫だよ」

頼れるリーダーとなってあげ愛犬の気持ちを理解し、一生懸命鳴いて訴えなくていいようにしてあげましょう。
その為には、日頃からしっかりと主従関係を確立する努力が必要です。

愛犬に生肉を与え続けて10年の川瀬隆庸が監修

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了

愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. トレーニングしよう!ハウス・マット編
  2. 犬との正しい関係づくりのために!人間が犬のリーダーになるために必…
  3. 健康体に育ってほしい! 離乳食(期)から成長期の子犬におすすめし…
  4. 子犬選びのポイントは?飼い主も犬も幸せに暮らしていくためにライフ…
  5. 愛犬のリーダーになってあげよう!
  6. 愛犬に自分の「名前」を好きになってもらおう!
  7. 【Vol6】とっておきのおもちゃ
  8. 【Vol.3】ヘトへとのしつけ教室初日(2)
老犬馬肉

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

愛犬用新鮮生馬肉
一番鶏のネック骨付き
PAGE TOP