老犬

意外と知らないシニア犬の食事の正しい知識

image121
最近では市販されているシニア用の低タンパクドッグフードが徐々に減ってきました。
シニア犬こそたんぱく質をしっかり取らないとというのが常識となりつつあります。正しいシニア犬の食事の知識を持って、フードを選びましょう。

シニア犬とタンパク質

シニア犬は若い成犬よりもたんぱく質を30%~50%も多く必要とも言われるようになりました。そもそもタンパク質は体を作って維持するのに一番必要となるもので、血や骨、筋肉、皮膚、被毛がタンパク質から作られています。

また、消化吸収や免疫維持機能の維持にも必要な栄養素です。

しかし、シニアになると、そのタンパク質の代謝機能が低下してしまうので、若い頃と同じ量を摂取しても吸収される量が減ってしまいます。そして足りなくなったタンパク質は、筋肉から補おうとするので、衰え始めたシニアの筋肉がもっと弱くなり体重も落ちてしまうことになります。

良質なタンパク質と粗悪なタンパク質

タンパク質でも良質なタンパク質でないといけません。
粗悪なタンパク質は肝臓や腎臓の機能の低下につながります。

肝臓や腎臓の負担を減らすために、低タンパクな食事をするように言われますが、良質なタンパク質であれば肝臓や腎臓に負担がかかることはありません。

タンパク質がシニアにはいいからと、加工されたジャーキーなどの粗悪なタンパク質を過剰に与えてしまうことは、余計に肝臓や腎臓に負担をかけ、消化も悪いので、代謝が悪いシニアの子の健康を害するだけになります。
rouken_001

脂肪量を減らす工夫が必要

シニアになると代謝が遅く、どうしても運動不足になるため体重増加になりやすい傾向があります。

本来なら脂肪はエネルギー減なので必要な栄養素ですが、肥満気味のシニア犬には減らすようにしてあげましょう。

フードの原材料を見てみよう

愛犬が食べているそのフードの原材料を一度見てみて下さい。
第一原材料が穀物や炭水化物になっていませんか?

肉類とあっても、それが何の肉なのか、どの部位なのか分かりますか?
「シニア用フードだから」と安心せずに、正しい食の知識を持って、シニア犬の健康長寿を考えてあげて下さい。

市販の「シニア用フード」の実態は、低タンパク・高炭水化物。
炭水化物の方が動物性タンパク質よりもコストが抑えられ、うまくシニア犬の飼い主をターゲットにするメーカーの戦略ということも。

老犬は代謝されないタンパク質を補うために多めのタンパク質が必要です。
穀物はもともと犬猫には必要が無い栄養素で、原料によっては栄養が摂れないだけでなく愛犬の消化による体力の消耗にもつながります。

炭水化物は少量で消化の良い形で与えるのはいいですが、フードの主な成分になっているものは健康な犬にとっては本来の食事ではありません。

「生」に抵抗がないわんちゃんならシニアにおすすめなのはやっぱり生食です。

シニアにもおすすめの高タンパクドライフード

ホリスティッククッキング

新鮮な生肉(高品質のたんぱく質)と低温加熱・低温乾燥、さらにノンオイルコーティングで素材の香りが活きています。

  • 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランス
  • 穀物は消化しやすくアルファ化原料
  • 安心の国内製造
  • 小粒サイズでサクサク食感
  • 低アレルゲンの贖罪しよう

トライプドライ

お肉+内臓(グリーントライプ)で犬本来の食事を再現
※グリーントライプ=反芻動物の第4の胃=消化酵素によって消化された栄養素の塊
消化に優しいフード

  • 乳酸菌が豊富
  • オメガ3が豊富
  • 穀物不使用
  • ヒューマングレードの原材料
  • 低温加熱で栄養素が生きている

AATU(アートゥー)

上質なお肉を80%使用
食物アレルギーに徹底配慮

  • 動物性タンパク質を単一素材に
  • 穀物、グルテン不使用
  • 乳酸菌が豊富
  • オメガ3を高配合
  • ヒューマングレードの原材料
  • 関節サポート成分配合

シニアにおすすめの高タンパク 生食レシピ

馬肉と手作り食材

シニア犬の消化に最適な生馬肉は食欲の減退した愛犬には特にオススメです。

  • 安心安全なお肉の代表 馬肉
  • 低カロリー高たんぱく
  • 食いつき抜群
  • アレルギーのある子にも安心

馬肉と一緒におすすめ食材

  • 発酵野菜
  • オメガ3オイル
  • 細かく切った野菜を茹でたもの
  • 消化できるアルファ化された米

BONE(ローフード)

生肉、骨、内臓、発酵野菜が1つに

  • ヒューマングレードの生肉
  • カルシウム、ミネラルが豊富な生骨
  • 豊富な栄養素内臓
  • 発酵野菜だから栄養を摂取
  • 総合栄養食だからこれだけでOK
  • 噛む必要のないペースト状

愛犬に生肉を与え続けて10年の川瀬隆庸が監修

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了

愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. 愛犬のお悩み、ズバリ解決します!(1)涙やけ・アレルギー・歯周病…
  2. 愛犬・愛猫の抜け毛対策どうしたらいい⁉ 換毛期を抜…
  3. 愛犬・愛猫のダイエット食って? 低カロリーがいいの?
  4. 【獣医師が解説】注意したい老犬の健康トラブル
  5. 現代の愛犬・愛猫は酵素不足?健康長寿の秘訣、酵素の働き
  6. 愛犬が元気に生きる為に必要な「酵素」って?
  7. 愛犬の食糞は「ビタミンB1」不足?食糞の原因と対処法
  8. 【獣医師が解説】老犬が積極的に取りたい栄養素とは
歯石取りペンチ

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

ハウンドカム食堂
老犬馬肉
PAGE TOP