生食

愛犬の健康を考えるなら生肉・生骨が一番?

image077

犬の祖先はオオカミです。

つまり昔から小動物などを捕獲し、生のまま食料としてきました。
ペットとして私達人間と一緒に暮らすようになっても、その頃と消化機能はほとんど変わっていません。

ということは、犬にとって生肉や生骨が一番合っている食事と言えるのです。
猫の場合も同じように、猫は犬より肉食に近いため、肉中心の食事が本来の食事と言えます。

生肉は消化に負担のかからない理想的な食事です。

生肉はドライフードの約半分の時間で消化ができると言われています。
私達人間を含め、動物にとって一番エネルギーを消耗するのが「消化」です。
消化が悪い食事や食べ過ぎは体を疲れさせます。

そして、犬や猫にとって最も優れたエネルギー源は「動物性脂肪」です。
すなわち、生肉は優れたエネルギー源であり、消化にも負担のかからない理想的な食事です。
iwateniku

生肉・生骨を食べてお腹はこわさないの?

大丈夫です。本来は生のものを消化するように犬・猫の胃はできていて、さらに人間よりはるかに強力な胃液を分泌するのでほとんどの細菌は殺してしまいます。

生肉・生骨(=生食)は消化されやすい本来の動物達の食事スタイルです。
生肉や生骨は加工したフードに不足している生きた酵素や乳酸菌、ミネラル・ビタミンが含まれていて消化にとても良い食材です。
その栄養素をそのまま摂取することでスムーズは消化吸収が行われるわけです。

しかし、生食を全く食べなれていない子や胃腸のデリケートな子の場合、菌類に対してお腹がびっくりしてしまう場合もあります。
そんなときは一旦生食をやめて、正常に戻ったら生肉であれば軽くボイルしたり焼いたりしてあげて下さい。
そしてまた少しずつレアにして最終的には生であげるようにして下さい。
(※鶏の骨は加熱せず必ず生のまま与えて下さい)

生肉・生骨についてのお悩み

生肉だけでごはんは大丈夫?

ダメです。お肉だけでは栄養バランスは整いません。

特にお肉の身の部分はミネラルバランスが悪いです。
生骨・生贓物(肝やホルモン類)はミネラルバランスが良く、生肉とうまく併用したり、発酵野菜・オメガ3オイルを組み合わせた手作り食がオススメです。

ドライフードを食べている子であれば、最初は生肉を「トッピング」として使用してみて下さい。
ドライフードを2割減らして、2割分を生肉といった簡単な配分で十分です。
ドライフードを食べるよりも、グンと栄養満点のごはんになります。

生骨ってどういいの?

骨は栄養の宝庫です。
噛むことで本来の野生の力がみなぎり、歯磨き効果やストレス発散にも!

骨は栄養の貯蔵庫と言われているようにコラーゲンとムコ多糖類(コンドロイチンやヒアルロン酸)が豊富です。
その他アミノ酸・タンパク質・繊維・酵素・ビタミン・ミネラルがバランス良く含まれています。
骨と肉の間の筋や腱などを噛むことで、自然の歯磨き効果も絶大です。

そしてなんといっても、喜んで食べる姿が見ものです♪
噛むという行為で本能スイッチが入るので、野生の姿に戻りより自然治癒力が固まる効果もあります。

生骨ってどうやってあげるの?

骨は栄養が生きている状態の「生」のまま食べさせてあげて下さい。
骨の塊を飲み込んでのどにつまらせないように、骨が足で押さえられないくらい小さくなったら取り上げて下さい。

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了

愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. 愛犬のダイエットに苦戦しているなら冬がチャンス!?
  2. 意外と知らないシニア犬の食事の正しい知識
  3. 老犬は体重増加になりやすい?老犬の肥満とダイエットについて
  4. 愛犬にお勧めしたい生肉紹介コーナー 【鹿肉編】
  5. 愛犬と一緒に「菌活」を!犬・猫の体と乳酸菌
  6. 健康体に育ってほしい! 離乳食(期)から成長期の子犬におすすめし…
  7. 愛犬の健康においしい食事提案!「プチ手作り食」のススメ
  8. 愛犬にお勧めしたい生肉紹介コーナー 【ラム肉編】
国産エゾ鹿生肉

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

ホリスティッククッキング
老犬馬肉
PAGE TOP