健康

愛犬の身体データを測ってみよう!

image015

【体温】

体温は1日の中でもある程度変化しています。
午前中は低めで午後は高めが普通で、寝ている時は低めで運動後は高めになります。
いつも同じ時間に同じ環境で測定してみましょう。

標準は小型犬で38.5℃~39.2℃、大型犬で37.5℃~38.6℃と小型犬の方が平熱は高いです

病気の時は病気(ウィルスや菌)と戦うため体温は上がり、もし病気に負けてしまった時は体温が下がってきます。

【脈拍数】

体温と同じく時間や体調により変化しています。
愛犬を横ばいにさせて後ろ足の付け根(内側)を手で触っていると脈がとれる場所を見つけることができます。
15秒間の脈拍数を数え、×4で1分間の脈拍数とします。

標準は小型犬80~120、大型犬で60~80です。

【呼吸数】

熱があったり運動後は速くなっています。
愛犬と顔を向きあい、15秒間の呼吸数を数えます。
その数×4で1分間の呼吸数とします。

標準は小型犬で20~30、大型犬で15くらいです。

【体重】

定期的に量っておきましょう。
小~中型犬は抱っこして体重計に乗り、その後人間分の体重を引いて下さい。

大型犬はトレーや板などを使い上手に量って下さい。

体温、脈拍数、呼吸数、共に上がっている時は病気と戦っている時で、安静・絶食(水以外)が基本です。
本当に危険なのは、どれもが下がってきた時です。
いざという時のために普段から愛犬の健康データは定期的に確認しておきましょう。

愛犬に生肉を与え続けて10年の川瀬隆庸が監修

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了

愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. 老犬・高齢犬の食欲がない・食べない悩みは加齢だけが原因?シニア犬…
  2. 犬は冬が好き! ~ 寒さに負けないワン ~
  3. トイ・プードルの性格、健康、病気、食事を知ろう!
  4. 歯石を取る方法。愛犬が20才まで元気に生きるために
  5. ポメラニアン×ペキニーズ 愛犬のフードローテーションと生涯の食事で気をつける事
  6. 犬にも人にも!免疫力には酵素の力と乳酸菌(プロバイオティクス)の…
  7. 愛犬のお悩み、ズバリ解決します!(2)腎臓・結石・腸・関節
  8. 愛犬の目の健康を保つために。主な目の病気と原因
ハウンドカム食堂

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

馬肉小分けトレー
  1. ポメペキ
帝塚山ハウンドカムASHU
PAGE TOP