健康

愛犬が一生歯を保つために

image017
犬や猫にとって一生歯を健康に保つことは「元気に20歳まで生きるために」を実現するポイントとなります。

愛犬のお口の健康と体の健康は密接に繋がっています。
「噛む」=「食べる」=「毎日の生活を楽しく」は、
愛犬や愛猫にとても大切なことです。

噛むことは脳への刺激にもなり、老犬の痴呆対策にも良いのです。

歯周病は様々な病気の原因に

口腔内を健康に保ち、歯周病を予防する事は長寿ととても関係が深く、
歯周病になると菌が全身に回り、脳や心臓の病気にもなります。
また、老犬に多い誤嚥(ごえん)性肺炎の原因にもなります。

口腔内を清潔にして雑菌を減らす事は健康の秘訣です。
特に高齢犬では加齢とともに口腔内が乾燥しやすくなります。
これは唾液量が減っていく事とも密接につながっています。

唾液量を増やすことが重要!

唾液は口の中の健康とって大変重要で、唾液の成分には消毒効果や、発がん性物質を中和する効果も発表されています。

高齢犬には唾液腺マッサージや唾液が出やすい食べ物(生肉や身のついた骨)を与えてあげることも良い方法です。

食事はローフード(生食)や生肉、缶詰や手作り食等、水分の多い食べ物を積極的に与えてあげましょう。

愛犬に生肉を与え続けて10年の川瀬隆庸が監修

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了

愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. 犬の体臭ってどうしようもないの? 食事、ケア対策ってある?
  2. ペットの栄養編: テーマ「大麦でβグルカン補給」
  3. 愛犬の食事の回数と食欲不振の原因
  4. 水の飲みすぎ?愛犬が水を飲みすぎていると感じたら
  5. 細分化 ― 犬種ごとのフードの違いって必要?
  6. 【獣医師が解説】ペットとの生活編: テーマ「夏のネバネバ唾液」
  7. 「老犬チェック」で老犬の知識を知っておこう!
  8. 【獣医師が解説】なぜ愛犬・愛猫には歯周病が多いのか?
老犬馬肉

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

馬肉小分けトレー
歯石取りペンチ
PAGE TOP