健康

コレステロールは悪者?


一般的には脂質は健康に悪いと考えられています。

それはなぜかと考えてみると、現代人の食事において脂質、塩、砂糖の摂取を減らすことが政府の指導のもと勧められています。

この問題視されている脂質とは動物性脂肪で、その一番の理由はコレステロールを含んでいることだそうです。

人間の場合、確かにコレステロールは動脈硬化や心臓発作、他、あらゆる病気の原因ともなります。

犬の場合は最も重要なエネルギー源になりますし、人間より体温も2度ほど高いためコレステロールが体内で固まりにくいという体質をもっています。

それと同時に、健康のためには必要不可欠な要素も以下のようにたくさんもっています。

  • 皮膚の中のコレステロールは太陽の紫外線に当たると必須栄養素であるビタミンDに転換され、カルシウムをはじめとするミネラル分の吸収を促進させてくれます。
  • 炭水化物の代謝をサポートする
  • 副腎で作られているホルモンの一種、コルチゾンの第一原料になる。
  • 体内の全ての膜の構成要素で男・女性ホルモンの産出に欠かせません。

大切なのはバランス良く摂取するということです。

悪モノ扱いしないで他の食品と一緒に食べると脂質は健康にとっても有益に働きます

愛犬に生肉を与え続けて10年の川瀬隆庸が監修

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了

愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. 愛犬の夏の水分補給を上手にする方法
  2. 運動こそアンチエイジング!
  3. ペットの臭いが気になる!臭いの3大原因とは?
  4. 犬にも人にも!免疫力には酵素の力と乳酸菌(プロバイオティクス)の…
  5. ウンチは健康のバロメーター!愛犬のウンチと向き合ってみましょう。…
  6. 愛犬愛猫の熱中症と応急処置
  7. ドッグフード、手づくりごはん、缶詰、生食、愛犬の体にいい食事って…
  8. 愛犬・愛猫はオメガ3が不足している!?オメガ3に期待できる効果と…
ホリスティッククッキング

新着記事

  1. 愛犬と食事

獣医師が解説

  1. 愛犬と食事

食事の記事

歯石取りペンチ
  1. 愛犬と食事
国産エゾ鹿生肉
PAGE TOP