健康

愛犬の腎臓病とおやつ

帝塚山ハウンドカムです。
腎不全と診断されると食事制限が必要になってきます。
今食べているフード・おやつを見直し、腎臓になるべく負担のかからないものに変えていきます。

腎臓ケア用のフードはいつくもありますが、おやつとなると種類も減ってしまいます。
制限が必要なものが何であるかを知ることで、腎臓に配慮してあげることができます。

腎不全でもおやつはあげていい?

○大丈夫ですが、素材を選びましょう

腎不全では食事制限が必要になります。
腎機能の低下により、気を付けないといけないのが主に「リン」「カリウム」「タンパク質」「ナトリウム」となります。
この中で一番気を付けないといけないのが「リン」になります。

リンはなくてはならないものですが、腎不全になると血液中の余分なリンを捨てられなくなり余ったリンが腎臓・その他内蔵にもダメージを与えてしまいます。

そのため、リンが多く含まれているおやつも避ける必要があります。

リンは肉に多く含まれています。
では肉のおやつはもう与えてはいけないのでしょうか?

お肉をあげたい場合

干し肉はリンが高い

お肉にはリンが含まれておりますが、特に干し肉(小魚・魚の干物含む)などのジャーキー類が特にリンが高くなる傾向があります。
ジャーキー類は無添加であってもリンが高い可能性が高く、また消化に悪いタンパク質ですので、腎不全と言われたらあげるのはやめた方が良いおやつです。

しかしお肉が大好きでほかのおやつは喜ばないという愛犬はどうしたら良いのでしょうか。

肉の種類を選び、さらに生肉や茹でたものを(過剰にではなく)適量おやつや食材の一つとして与える範囲であれば、腎臓ケアの療法食レベルもしくはそれ以下にリンを抑えることが可能です。

動物や部位によってリンの値は変わってきますので具体的なお肉を例にさせていただきます。

愛犬のおやつとして代表的なものである「ささみ」ですが、
「ささみジャーキー」のリンが高くても、例えば生の状態のささみですとリンは100g中200~240mg程度となります。
※乾燥させることでリンの含有率が高くなります。
200mg~240mgがどのくらいの数値かというと、療法食のウェットフード(130mg~200mg程度)と同じくらいか、やや高い程度となります。
茹でることでリンをある程度除去することも出来ますので、工夫して上手に与えてあげましょう。

〇ご注意
おやつをあげたら主食はその分減らしましょう。
リンを抑えたからと言ってどんどん追加して食べてしまうとリンの合計摂取量は上がっていくだけですし、カロリーも増えてしまいます。
※これはリンだけではなく、タンパク質やカルシウムなど、栄養のバランスに影響を与えてしまいます。 

それではあげたいお肉のリンをさらに減らす方法を紹介させていただきます。

お肉のリンの減らし方

除去する一例として
20~100倍加水、肉を薄切りにし、分割してゆで煮汁は捨てます。
これで牛肉、豚肉、鶏肉に含まれる約4割程度のリンを除去できます。
除去率は色々となりますが、野菜や果物も水らさしを行ったり茹でることである程度除去が可能です。

先ほどのささみの例ですと元が200mgであれば120mg程度になります。
さらにお湯を変えてゆでるとより除去可能です。(ゆでこぼしと呼ばれ、リンやカリウムの除去に役立ちます)

○肉をあげたい場合はリンをなるべく除去してあげましょう

部位によってリンの量は異なるため、リンがもともと少ない部位を選ぶのも一つです。
低脂肪も兼ねたい場合などはささみがおすすめになりますし、目的に合わせて部位を選びましょう。

   100g中のリン/ナトリウム(目安)
ささみ 200~220mg/14mg
胸肉(皮無し) 200mg/42mg
鶏皮 64mg/24mg
もも肉(皮無し) 190mg/69mg
鶏手羽肉 100mg/76mg
鶏ひき肉 90mg/60mg
鶏軟骨 78mg/390mg

※鶏軟骨はリンは低いのですがナトリウムは少々高めです。

タンパク質について

一般的に進行の度合いによってタンパク質の量を調節する形となります。

タンパク質は愛犬にとって丈夫な体を作る大切な栄養素です。初期の腎臓病で尿毒症の兆候がない場合は制限が特に必要ではありません。
進行した腎臓病では尿毒症のリスクがあるため、タンパク質量を制限する必要が出てきますが、なるべく良質なタンパク質を低めに抑えつつ摂ります。
(※真性肉食動物のネコは進行していてもタンパク質を制限しすぎることはありません)

もっとも制限すべきはリンとなります。
こちらの記事でタンパク質vsP(リン)という項目があります。
【獣医師が解説】ペットの栄養編: テーマ「腎臓ケアとリンのコントロール」

おやつはあげすぎないように

〇〇を低く抑えているから、これは〇〇が低いからたくさんあげても大丈夫、というわけではありません。
あくまでおやつの範囲を出ない程度に与えましょう。
おやつ以外でも、例えば大好きな飼い主としっかりとコミュニケーションをとるなどでも幸せは感じられます。

野菜・果物・穀類のおやつ

果物・野菜のおやつ

干し芋ややリンゴはリンが低く、愛犬も好むおやつです。ですが
カリウムは高めなので、カリウム制限が必要な場合は別のおやつの方がおすすめとなります。
薄切りや角切りにして流水による水さらしを行うことでカリウムをある程度除去可能です。
キャベツはリンが20mgカリウムが90mg程度で控えめです。

穀類のおやつ

お米や小麦粉はリン・カリウムが低く、これらを制限したい愛犬に向いています。

その他
参考【リン/カリウム】
ヨーグルト(全脂/無糖) 100mg/170mg
カッテージチーズ 130mg/50mg
さつまいも 55mg/540mg

ごはん(精白米) 34mg/29mg
うどん(ゆで) 18mg/9mg
小麦粉 70~75mg/90~120mg

チーズは種類がさまざまで栄養素もかなり変わってきます。
チーズを与えたい場合は塩分の少ないカッテージチーズがおすすめとなります。

おやつではありませんが、愛犬用低リン手作り食をハウンドカムでは販売もしています。
これらはゆでこぼし調理を行い、日本食品分析センターでも検査をし低リンになっていることを証明されています。


おすすめアイテム

オリジナルクッキー 腎ケアプラス

低リン(0.18%)で腎臓に優しい手作りクッキー


aatu
オリジナルクッキー 腎ケアプラスの購入はこちらから

ミックスボーロ

サクサク美味しい3つの味の無添加ボーロ。


aatu
ミックスボーロの購入はこちらから

腎ケアプラスネック骨ごとミンチ

良質なタンパク質、低リン(0.1%)、食いつきが良くトッピングや手作り食に


腎ケアネック骨ごとミンチ
腎ケアプラスネック骨ごとミンチの購入はこちらから

(以上)

関連記事

  1. 愛犬・愛猫の肝臓のお勉強
  2. 愛犬が20才まで元気に生きるために。歯石を取る方法
  3. 歯茎の炎症は毎日のケアが重要!
  4. 自律神経の乱れで起こる愛犬の体調不良~冬は、意識して基礎代謝と免…
  5. 愛犬のお悩み、ズバリ解決します!(2)腎臓・結石・腸・関節
  6. ポメラニアン パーティカラー ポメラニアンのこと、もっと知りたい! ― 人気の犬種シリーズ ―…
  7. あなたは愛犬の平熱を知っていますか?犬の体温と免疫力の関係
  8. 犬や猫にも!ラクトフェリンの効能と摂取法
歯石取りペンチ

新着記事

  1. 犬の歯磨き

獣医師が解説

食事の記事

ホリスティッククッキング
  1. 犬の歯磨き
ホリスティッククッキング
PAGE TOP