病気・アレルギー

下痢って大切?


食べた物は胃を通り過ぎて腸にどんどん運ばれていきます。

腸はそれらのものを吸収するために分解しなければなりませんので、膵臓(すいぞう)、肝臓、胆のうからそれぞれ酵素を分泌して、いわゆる消化作業を行います。

この時に強力な悪玉菌や有害物質が入ってきたら、腸はすぐに察知して腸壁から大量の液体を分泌し、下痢を起こして毒物を体外に排出しようとします。

実は、下痢は動物にとって大切な防御反応で、生きていくためにはとても重要な働きなのです。

犬たちが下痢をした際、飼い主様がここで慌てて下痢止めを与えてしまうと、毒素が体から排出されません。

下痢を起こした場合は、体内からどんどん水分が奪い取られますので、水分補助は十分に取って食事を丸一日以上抜いて安静にさせて下さい。(※ぐったりしていたり、下痢が続いている子は避けてください。)

いわべんぴ

下痢で命を落とす事はありませんが、便が出せずに毒素が体中に溜まる方が問題です。下痢が治まってくれば少しずつ消化にやさしい食べ物を与え、3日間くらいかけて普通食に戻してあげましょう。

脱水症を起こさない様にしていれば1〜2日くらい食べなくても大丈夫です。

腸はこの様に、体に必要なものは取り入れ、有害な物は排出する「腸能力」を持ったすばらしい臓器なのです。

愛犬に生肉を与え続けて10年の川瀬隆庸が監修

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了

愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. 愛犬・愛猫の腎臓病の症状と治療方法。「腎臓」に負担をかけない食生…
  2. 柴犬の食事、病気、性格をまとめて知って健康長寿に役立てよう
  3. 皮膚は腸の鏡。アレルギーが気になる愛犬には腸内環境を整えることが…
  4. 愛犬のお悩み、ズバリ解決します!(1)涙やけ・アレルギー・歯周病…
  5. 犬・猫の尿路結石の原因と対策(2)シュウ酸カルシウム結石とは
  6. 愛犬が前足を舐めるのはなぜ?
  7. うちの愛犬はよく皮膚炎になります。市販の薬をつけてもなかなか良く…
  8. あなたの愛犬の目の下の汚れ、「涙やけ」かも。
一番鶏のネック骨付き

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

愛犬用新鮮生馬肉
馬肉小分けトレー
PAGE TOP