健康

ペットと一緒に永眠!ペットの弔い方も多様化の時代

image060
昔はペットが亡くなると自宅の庭に埋める方も多かったと思います。

マンション住まいだと葬儀場を探すのも難しく公園や他人の土地に無断で埋めると産業廃棄物処理法の規定に反し、そのうえ軽犯罪法にも違反します。

また、埋める場所によっては他の動物に掘り返されたり土壌にも影響が出ないよう配慮も必要です。

民間の業者に頼むと火葬や葬儀一式までセットになっている所も多いが遺骨の一部を手元に残しても納める場所に困ることも多いです。

この様な事情とペットを家族の一員と考え、一緒のお墓に入れたいと願う人が増えています。
この需要に応えるべく誕生したのが神戸市の山田霊園が全国展開を始めた「Withペット」です。

遺骨を納める場所は人用とペット用で区切られています。

ペットの骨は焼骨して骨壷に入れて納骨し、人の場合は納骨袋に入れて納骨する様です。

ワンちゃん、猫ちゃん達も天国に行っても大好きな飼い主さんと一緒できっと成仏する事でしょうね!

愛犬に生肉を与え続けて10年の川瀬隆庸が監修

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了

愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. 犬の血液型って?
  2. 柴犬の食事、病気、性格をまとめて知って健康長寿に役立てよう
  3. 健康寿命を延ばす+10(プラステン)
  4. あなたは愛犬の平熱を知っていますか?犬の体温と免疫力の関係
  5. 運動こそアンチエイジング!
  6. 愛犬・愛猫の抜け毛対策どうしたらいい⁉ 換毛期を抜…
  7. 自然治癒力
  8. ヨーロッパで見かけた犬たち Part1
国産エゾ鹿生肉

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

馬肉小分けトレー
老犬馬肉
PAGE TOP