トレーニング奮闘記

【Vol.7】第一次成長期

  • 集中が苦手
  • すぐに飽きる
  • 執着心なし
  • 穴掘りや草むら自然を好み、自由を好む

そんなMIX犬いわてとのトレーニングは心が折れそうになりながら、なんとか、踏ん張り、ようやく信頼関係作りの基礎が出来始めてきました。生後6ヶ月(推定)、いわてを迎えて3ヶ月を過ぎた頃です。

いわてが本当に喜んでくれるおもちゃをご褒美にして、短時間でも毎日しっかりコミュニケーションの時間をとることで距離が縮まりました。
朝のお散歩時間も大好きなご褒美を用意しておいて、お散歩途中にちょっとしたトレーニングを交えました。

それまで、外へ出ると他の犬や草花、鳥などが気になって私に全く集中していなかったいわてが、私のことを意識してくれるようになり、そして、だんだん、遊んでもらえることを楽しみに待つようになりました。
せっかくいい感じになってきたのに、しつけ教室に1ヶ月ほど参加出来なかった為、その間、自分なりに新しい訓練も取り入れていきました。
新しい訓練もすぐに覚えてくれます。

ようやく来た!第一次成長期!

(神薗)

愛犬に生肉を与え続けて10年の川瀬隆庸が監修

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了

愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. 愛犬の食糞は「ビタミンB1」不足?食糞の原因と対処法
  2. 動物病院・ドッグカフェに慣らそう!
  3. 【Vol.4】名前がBGM?
  4. ミニチュア・ダックスフンドの性格、健康と美、病気、食事をまとめて…
  5. 【vol.12】トレーニングを通じて得たこと:最終回
  6. あなたは愛犬の全身を触ることができますか?
  7. 愛犬にトイレを早く覚えてもらうには、失敗させないことが大事!
  8. 愛犬の健康管理のために!体に触られることに慣らそう!
馬肉小分けトレー

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

歯石取りペンチ
一番鶏のネック骨付き
PAGE TOP