トレーニング奮闘記

【Vol.8】油断禁物

苦労しながらようやく生後6ヶ月で迎えた第一次成長期。

私もいわてもトレーニングを楽しみながらできるようになりました。
信頼関係の基礎作りはできていたので、ホッと一息です。

今まで必死になっていた感のある私は、ちょっと気が抜けました。
朝の訓練も毎日しなくなったり、日常生活の接し方もどこか緩んでいました。

しつけ教室参加もタイミングが合わず、お休みが重なります。
生後7ヶ月に入り、久々に参加したしつけ教室。
そこで、突きつけられたのが、油断していた自分へのしっぺ返し。

いわては、子犬の頃のように私の指示を聞こえないふりをしたり、なかなかやらなかったり、明らかに集中していません。

今までできていたこともしないありさま。愕然としました。

教室後の岡田先生のひと言。
「こんなに逆戻りした子は初めて見た。」

何とも不名誉な初を作ってしまいました。

「あんなに頑張って苦労してきたのに、もったいない!」

その通りです。自分が情けない。

「いわては出来る子ですよ!何やってるんですか!」

岡田先生のこの言葉に奮い立ちました!そうです!いわては出来る子です!

この時、私の中で決めた事。
「絶対1週間で取り戻す!」
翌日から、いわてと一緒に訓練再スタートです。

(神薗)

愛犬に生肉を与え続けて10年の川瀬隆庸が監修

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了

愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. 飼い主が最初にぶつかる問題!トイレトレーニングの基本
  2. 愛犬にトイレを早く覚えてもらうには、失敗させないことが大事!
  3. 子犬の頃の社会化不足が、一生その子の性質に左右する?
  4. 【Vol.11】今度は私が勉強の番
  5. 【Vol.1】いわてのトレーニング奮闘記、スタート!
  6. 愛犬のしつけ初級編 vol.7 愛犬におすわりを教えよう
  7. 愛犬のおやつ。正しい食育の知識から学ぼう!
  8. 愛犬の健康管理のために!体に触られることに慣らそう!
帝塚山ハウンドカムASHU

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

馬肉小分けトレー
老犬馬肉
PAGE TOP