食事

冬を乗り切る!愛犬の食事管理のポイント

冬季の食事内容の見直し

気温が低下してくると犬は体温を保つためにエネルギー(カロリー)を多く必要とします。

そこで、犬の体を見ながら食事の内容と量を増やしていきます。

室内飼育の犬は気温の差をあまり受けないので、さほど変える必要はないでしょう。
外飼いの犬やアジリティー犬はタンパク質と脂肪の増量を考えてあげて下さい。

方法的には、ドッグフードにゆで玉子や生肉、ヤギミルク等を食事全体の2割程加えてあげると良いでしょう。

また、高タンパク・高脂肪のフードをいつものフードに混ぜ合わせる方法や、ティースプーン半分~1杯のオメガ3オイル等を添加してあげるのもよい方法です。

子犬や老犬は寒さによる気管支炎等に注意し、屋外飼育の犬でも あまり寒いときは玄関先に入れてあげたり、風防を作ってあげる等の工夫も必要です。

愛犬に生肉を与え続けて10年の川瀬隆庸が監修

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了

愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. 【獣医師が解説】ケアフードを考える: テーマ「リパーゼブロック食…
  2. 初めての多頭飼い。体験談(先住犬が6才の時)
  3. 健康体に育ってほしい! 離乳食(期)から成長期の子犬におすすめし…
  4. ドッグフード・生肉・サプリメント・犬用品…帝塚山ハウ…
  5. 老犬は体重増加になりやすい?老犬の肥満とダイエットについて
  6. 酵素・乳酸菌の必要性とペットフードの進歩
  7. 犬にお勧めしたい生肉紹介コーナー【鶏肉編】
  8. 愛犬の筋肉の衰えに!生肉を加えて老化防止
歯石取りペンチ

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

愛犬用新鮮生馬肉
老犬馬肉
PAGE TOP