健康

犬の血液型って?

犬_1430113740

犬の血液型って?

犬の血液型は13種類以上あると言われています。
血液の成分である赤血球、白血球、血小板にそれぞれ血液型がありますが、基準は赤血球で決められています。

赤血球の表面には「抗原」という物質がくっついています。
抗原とは体の中に入ると免疫反応を引き起こす物質です。

人間は自分の持っていない抗原が体内に侵入してくるとその抗原と結合する「自然抗体」という物質を持っています。
そのため、血液型の違う血液と混ぜると固まってしまいます。

しかし、犬の場合「自然抗体」をもっていないので1度目の輸血は違う血液型であってもOKです。
2度目以降は抗体ができて血液が固まってしまう可能性が高くなります。

その他、猫は3種類、サルは人間と同じA、B、O、AB型があります。

馬や牛、豚等、ほとんどの動物に血液型はあります。

関連記事

  1. 愛犬のお悩み、ズバリ解決します!(2)腎臓・結石・腸・関節
  2. フードと一緒に水を与えたらダメ?犬の健康と水の関係
  3. 愛犬の腎臓病とおやつ
  4. ミニチュア・ダックスフンドの性格、健康と美、病気、食事をまとめて…
  5. 自律神経の乱れで起こる愛犬の体調不良~冬は、意識して基礎代謝と免…
  6. コレステロールは悪者?
  7. 犬にも人にも!免疫力には酵素の力と乳酸菌(プロバイオティクス)の…
  8. 愛犬・愛猫の肝臓のお勉強
愛犬用新鮮生馬肉

新着記事

  1. 犬の歯磨き

獣医師が解説

食事の記事

歯石取りペンチ
  1. 犬の歯磨き
ハウンドカム食堂
PAGE TOP