獣医師が解説

【獣医師が解説】ペットの栄養編: テーマ「眼にやさしいベリー果実」

「本町獣医科サポート」の獣医師 北島 崇です。
失明しないまでも、加齢に伴いペットの視力は低下してゆきます。
視力が衰える原因として前回は水晶体のにごり=白内障を紹介しましたが、もう1つ網膜の機能低下があります。

【獣医師が解説】ペットの栄養編: テーマ「眼にやさしいベリー果実」

アントシアニンのしごと

2012年現在、ヒトのアイケア健康食品の市場規模はおよそ450億円、その内ブルーベリー/ビルベリーを含む商品が65%を占めています(富士経済 2013年報告)。
なぜこんなにブルーベリーは人気があるのでしょうか?

眼に良い理由

ブルーベリーが眼に良いということは広く知られていますが、その理由にアントシアニンという物質の働きがあります。
まずは軽くアントシアニンのしごとを見ておきましょう。

前回のおさらいです。
外から入ってきた光は、透明な水晶体を通って網膜上に像を結びます。
この網膜で光の情報は信号に変わり、視神経を経由し脳でモノとして認識されて最終的に「見える」となります。

網膜において、光の情報を信号に変換しているのがロドプシンというタンパク質です。
ロドプシンは光を信号に変えた後、オプシンとレチナールという2つの物質に分解します。
分解してできたこの2つは時間が経つと再びロドプシンに合成されます。
しかし、年齢を重ねるにしたがってそのスピードはだんだん遅くなります。

このロドプシンの再合成を促進するのがアントシアニンです。
体内にアントシアニンを補給すると、ロドプシンの分解→合成→分解→合成というサイクルが活発に回転します。
このようにアントシアニンは、加齢による視力の衰えをサポートしてくれるという訳です。

網膜において、光の情報を信号に変換しているのがロドプシンです。ロドプシンは光を信号に変えた後、分解されますがアントシアニンはロドプシンの再合成を促進させます。

アントシアニンの正体

ネットでアントシアニンを調べてみると「ポリフェノールの1つ」とか「フラボノイドの1種」とあります。
アントシアニンとは何物なのでしょうか?
 
アントシアニンはポリフェノールという大きなグループに属しています。
以前「リンゴポリフェノール」のコラムでも紹介したように、ポリフェノールは植物に含まれる色素や渋み、苦みの成分の総称で抗酸化作用をもっています。

ポリフェノールの内、天然の植物色素をまとめてフラボノイドと呼んでいます。
このフラボノイドの1つがアントシアニンです。
従ってアントシアニンはフラボノイドであり、大きい意味ではポリフェノールでもあります。

今回紹介するアントシアニンは現在500種類ほど確認されており、赤色や紫色、藍色などの色素をもっています。
そして最も大切な性状として強い抗酸化力があります。
ということでアントシアニンの正体は「抗酸化力をもつ天然色素」となります。

アントシアニンは天然色素で強い抗酸化力を持ちます。

いろいろなベリー果実

眼に良いと言われているアントシアニンは、どのような食材にたくさん含まれているのでしょうか?
どうやら紫色の植物に多いようです。

アントシアニンを含む食材

アントシアニンはポリフェノール/フラボノイドの1つですので、緑黄色野菜ではなく、濃い紫色系統の野菜や果物になります。
私たちの身近にありアントシアニンを豊富に含む食材は、次の4つのグループにまとめられます。

○野菜類 
…赤キャベツ、赤カブ、紫タマネギ、ナス、シソ など
  (タマネギはイヌには与えないよう要注意です)
○豆類 
…黒豆、小豆 など
○イモ類 
…紫サツマイモ(紅イモ) など
○果実類 
…ブドウ、イチゴ、ブルーベリー、カシス など

アントシアニンが豊富な食材

ベリー果実のアントシアニン量

果物の内、アントシアニンをたくさん含むものとしてブルーベリー、ビルベリー、クランベリー、ストロベリー(イチゴ)などがあります。
これら「赤色・藍色・紫色をした小さい果実」をまとめてベリー果実と呼んでいます。

アイケアサプリメントに広く採用されているベリー果実10種類について、アントシアニン含有量と抗酸化能を測定した報告があります(小川健二郎 岐阜薬科大学 2014年)。
調査した10種類の内、馴染みがある5種類のベリー果実について確認すると次のような結果になります。

《アントシアニン含有量(乾燥100gあたり)》
・ビルベリー(1,515mg)
・カシス(811mg)
・ブルーベリー(468mg)
・イチゴ(233mg)
・クランベリー(204mg)

最近よく耳にするビルベリーやカシス、そしてお馴染みのブルーベリーに多くのアントシアニンが含まれている事が判ります。

ベリー果実のアントシアニン量の比較図です。

ベリー果実の抗酸化力

ベリー果実が眼に良いと言われるのは、抗酸化能をもつアントシアニンをたっぷり含んでいるためです。
しかしベリー果実には、アントシアニン以外の抗酸化物質も存在しています。

抗酸化力の指標の1つにラジカル消去能というものがあります。
「ラジカル」とは不安定な状態という意味で、この状態の物質は安定になろうとして周囲をどんどん酸化します。
これよりラジカル消去能=抗酸化能という意味になります。

前回、活性酸素と白内障の関係について述べました。
この活性酸素とはラジカル状態の酸素のことをいいます。
活性酸素は自身の安定化のために周囲の細胞を次々と酸化してゆくということです。

《抗酸化力(ラジカル消去能)》
・ビルベリー(61%)
・カシス(52%)
・ブルーベリー(28%)
・イチゴ(25%)
・クランベリー(36%)

このようにアントシアニンに限定せず抗酸化力の面から見ると、ビルベリーはもちろんのこと、少々意外ですがカシスやクランベリーもアイケアに貢献する力をもっていると言えそうです。

なおクランベリーは、ヒトの尿路感染症対策としての活用報告が多数あり、ペットの膀胱炎や尿石症対策としても応用が期待されているベリー果実です。

ベリー果実のラジカル消化能の図です。

ブルーベリーアントシアニン

ブルーベリーの収穫時期は夏ですが、近頃は冷凍品が入手できるようになりました。
アントシアニンの補給として、ブルーベリーを利用する時の注意点を確認しておきましょう。

加熱の影響

ブルーベリーアントシアニンの熱安定性についての研究報告があります(菅 忠明ら 愛媛県工業技術センター 平成19年度)。
これによるとミキサーでつぶしたブルーベリーの熱に対する安定度は次のような結果でした。

《アントシアニンの残存量(ブルーベリー100gあたり)》
○非加熱 …337㎎
○加熱(75℃×15分間) …333㎎
○加熱(100℃×15分間) …284㎎
 
生果実のブルーベリーは、ジャムやソースの材料として使用されることが多いと思います。
この時砂糖を入れて加熱しますが、長い時間グツグツと沸騰させると大切なアントシアニンが15%程度も失われてしまいます。
加熱条件としては75℃で15分間までとすると、生のブルーベリーとほぼ等量のアントシアニンが保たれます。

ブルーベリーアントシアニンの熱安定性は100度15分で15.7%失われます。

存在部位

生のブルーベリーを切ると皮の部分は青紫色をしていますが、内部の果肉はさほど色は濃くありません。
非加熱のブルーベリーのアントシアニン分布は果肉部分が14.2%、皮部分が85.8%という割合になっています。
アントシアニンの大部分は青紫色の皮に存在しています。

アントシアニンの消失を極力抑える加熱条件は75℃で15分間でした。
この条件でブルーベリーを加熱すると、アントシアニンの存在割合は果肉部分が53.4%、皮部分が46.6%とほぼ同量になります。

これは加熱によって皮の細胞が破壊され、内部のアントシアニンが流出するためです。
サプリメントではなくブルーベリーからアントシアニンを摂る場合は、生もしくは過度の加熱を避けて果肉だけでなく皮も一緒に利用することが大切です。

加熱すると皮の部分のアントシアニンの多くが失われます。ブルーベリーは生を皮ごと食べるのがベストです。

前回は水晶体のにごり、そして今回は網膜の機能低下に着目してペットの視力低下について解説しました。
どちらも加齢に伴う酸化ストレスが背景にあります。
このため目のケアには抗酸化物質、特にアントシアニンが有用であることが判りました。

高齢ペットの視力低下対策として、ベリー果実を使った手作りフードやおやつ、またアントシアニン配合のアイケアサプリメントなどがお薦めです。

(以上)

おすすめアイテム

サプリメント アイパワー元気

ルテイン・アントシアニンなどを配合!


サプリメント アイパワー元気
アイパワー元気 の購入はこちらから

サプリメント CPL アイケアブライト

ルテインやヒアルロン酸などを含み、目の健康維持に必要な栄養素を補給することができます。


サプリメント CPL アイケアブライト
CPL アイケアブライト の購入はこちらから

サプリメント エンジェルアイズナチュラル

ウスベニタチアオイの根、クランベリーなどのこだわりの天然素材のみを使用したサプリメントです。


サプリメント エンジェルアイズナチュラル
サプリメント エンジェルアイズナチュラル の購入はこちらから

執筆獣医師のご紹介

本町獣医科サポート

獣医師 北島 崇

日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学)獣医畜産学部獣医学科 卒業
産業動物のフード、サプリメント、ワクチンなどの研究・開発で活躍後、、
高齢ペットの食事や健康、生活をサポートする「本町獣医科サポート」を開業。

本町獣医科サポートホームページ

関連記事

  1. 【獣医師が解説】ペットとの生活編: テーマ「愛犬を狙う蚊」
  2. 最近の犬は骨折しやすい?骨粗鬆症を改善するための3つの対処法
  3. 【獣医師が解説】ドライフードという食事
  4. 【獣医師が解説】ペットの栄養編: テーマ「紫色のサツマイモ」
  5. 皮膚は腸の鏡。アレルギーが気になる愛犬には腸内環境を整えることが…
  6. 【獣医師が解説】ペットとの生活編: テーマ「ペットの車酔い」
  7. 【獣医師が解説】ペットとの生活編: テーマ「犬フィラリアの感染状…
  8. 【獣医師が解説】ペットとの生活編: テーマ「ペットの抜け毛ケア」…
ホリスティッククッキング

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

国産エゾ鹿生肉
ホリスティッククッキング
PAGE TOP