皮膚のトラブル

愛犬のアレルギー の原因と食事

愛犬のアレルギー の原因と食事

食物アレルギー の原因と対処方法

愛犬のアレルギーの原因は、ハウスダストや花粉、ノミや、ダニなど沢山の原因があります。
その中でも食物アレルギーの愛犬は、小麦粉、牛、チキン、卵アレルギーなど、特定の食べ物に免疫が過敏に反応し、かゆみが出たり発疹や炎症を起こすことがあります。

食物アレルギーのほとんどはたんぱく質によって引き起こされますが添加物を避ける食生活とストレスのない清潔で健全な生活を第一に考えることが大切です。

食物アレルギーの症状は、全身にじんましんや皮膚の炎症などが起こりやすいのが特徴的です。
また、胃や腸など消化器官にも影響を及ぼすために消化ができず、長期に渡る下痢の症状に悩まされることもあります。

また、食物アレルギーのよくある症状として、足の指の間などを痒がり、舐めすぎて皮膚の炎症を起こしたり、フケや抜け毛が増えたりします。

さらに、その延長で食物アレルギーが原因で結膜炎、涙やけを起したり耳や口の周りも皮膚の炎症を起こすことがあります。

 

添加物とアレルギーの関係

愛犬のアレルギーで幼犬から特に注意しなければいけないのが添加物です。
最近ではドッグフードの質も向上して人間で使用が禁止されている添加物も使用が禁止されてきていますが、総合栄養食にするための、風味や香りのアップのため様々な添加物が使用されています。

人間の場合ですが新興国では一昔前ではアレルギーなど皆無だったのに先進国の食べ物が導入されアレルギー人工が一気に増えたのです。
つまりファストフードなどに代表される食文化の変化により油や添加物がアレルギーを引き起こした一因と考えられています。(大気汚染や住環境なども原因)

愛犬の食物アレルギーの多くは消化器官が未発達の子犬の時に現われることが多く幼犬の時に添加物の多いフードを食べていた事が一因とも考えられています。
人間のアレルギーに食品添加物が多く起因していることは知られていますが人間より小さな愛犬はより、添加物には注意を払わないといけません。
また、食物アレルギー以外のアレルギー性皮膚炎も免疫機能が完全でない1才未満の愛犬に多く見られます。

愛犬の油(脂質)とアレルギーの関係

油(脂質)とアレルギーの関係

犬も猫も1日の最低摂取量が定められているのが脂質です。

人間と違い炭水化物の摂取基準は犬も猫も定められていません。

ですから、よりたんぱく質と脂質の品質には注意が必要です。

特にほとんどのドライフードは油をコーティングしています。

その油が参加して愛犬のアレルギーを引き起こす原因のひとつとなっています。

ノンオイルコーティングのフードを選ぶ事はアレルギー対策にとって有効な手段となります。

また、脂質は必ず摂らなければならない栄養ですが犬と猫はオメガ3系とオメガ6系の脂肪酸は体内で合成できない為、必ず食事から摂取する必要があり必須脂肪酸と呼ばれています。
オメガ3系とオメガ6系の摂取比率はオメガ3を1とするとオメガ6系は2~6が理想と言われオメガ6は炎症を起こしオメガ3は炎症を抑えるのでオメガ6の摂りすぎはアレルギーの炎症を悪化させます。

オメガ6は通常の食事をしていれば十分摂れるのでオメガ3オイルなどを意識的に摂ることがアレルギーを軽減することに寄与します。

炭水化物とアレルギーの関係

ドッグフードには小麦や大豆、大麦、米などがよく使用されていますがアレルギーの原因にもなっています。
その中でも特に多いのが小麦で大麦や米は比較的少ないとされています。

小麦のアレルギーの原因はグルテンです。
小麦は70%以上が炭水化物ですがたんぱく質も6%~15%含まれていてその中の85%を占めているのがグリアジンとグルテニンです。
この2つの成分に水を加えてこねるとグルテンになります。弾力は弱いが粘着力が強くて伸びやすいグリアジンと、弾力に富むが伸びにくいグルテニンとが絡み合う事で、グルテンは粘着力と弾力を適度に兼ね備えたものになり麺類やパンに利用されることになります。
手打ちうどんのコシの強さの正体がグルテンです。

ドッグフードによくあるグレインフリーは穀物不使用、グルテンフリーはグルテン不使用、小麦不使用としてアレルギー対策フードとなっています。

しかし穀物不使用フードの中でも総合栄養食(それだけ食べれば栄養が整う)にするために化学的な添加物が入っている物があるのでフード選びは慎重に!

愛犬の炭水化物とアレルギーの関係

アレルギーになりやすい犬種

アレルギーになりやすいと言われている犬種を紹介します。

多くは膿皮症など皮膚疾患にかかりやすい犬種と類似しています。

・柴犬
・フレンチブルドッグ
・ダックスフンド
・マルチーズ
・ゴールデンレトリーバー
・ラブラドール・レトリーバー
・ヨークシャーテリア
・ウエスト・ハイランド・テリア
・ビーグル
・シェルティ
・パピヨン
・パグ

この他にも短頭種や超小型犬などもアレルギーがでやすいと言われています。

フードローテーション

アレルギーは元々、その愛犬が持っているアレルゲンの食べ物を食べた時にでるものと同じ物を食べ続けた蓄積が原因のアレルギーがあります。

蓄積によるアレルギーを防ぐために考えられたのがフードローテーションです。

ですが10年以上同じ食べ物を食べてもアレルギーが出ない愛犬も決して珍しくありません。

過敏にフードを変えずに1年から3年ぐらいのスパンで主原料を変えることで十分だともいえます。

昔に比べるとドライフードの品質も上がり、低品質ドライフードが原因のアレルギーは減っているのが現状です。

ただし、普段から良質のたんぱく質、脂質をある程度食べることは、将来や若い時でも免疫力、健康維持につながるのでドライフード以外の良質の副食のトッピングなどをオススメいたします。
食物アレルギー の対処方法

食物アレルギーの対処法

通常、食物アレルギーが出ると現状のフードの主原料である動物性たんぱく質を代える、小麦や大豆、米などの穀類の減量を変更することで飼い主さん自身が発見できることができます。

ただし同じチキンにアレルギーがあるとしてもそのチキンの質によってアレルギーが発症している場合があり、やはりフードの品質は大切になっています。
一説には食物アレルギーはアレルギー全体の10%にも満たなくて食事の品質向上や生活の向上によって食物アレルギーだと考えていたアレルギーが改善される場合も多いとされています。

アレルギーは病院で調べることはできます。小麦・羊・豚・鶏・米・魚・さつまいもにアレルギーが出たという愛犬は何を食べればいいのでしょうか?

実際にフードを変えても、変えてもアレルギーが出て大変な想いをされている飼い主さんもいらっしゃいます。

そんな時はアレルギーの食べ物を避けながらも免疫力を健康に保つ生活を心がけ、生活の見直しも大切になってきます。

食物アレルギーにならない為には上質なフードで加水分解たんぱく質を使用した物、単一たんぱく質で穀物不使用のフードなど数多く販売されています。

その中から添加物の少ない、新鮮なフードを選ぶことで酸化した油をできるだけ摂らないように開封後はできるだけ早く食べきれるフードを選びましょう。

あわせて読みたい愛犬のアレルギーに関する情報


愛犬の食物アレルギー
愛犬の食物アレルギーに対応したドライフードやおやつ

(以上)

愛犬に生肉を与え続けて10年の川瀬隆庸が監修

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了


愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. ミニチュア・ダックスフンドの性格、健康と美、病気、食事をまとめて…
  2. 愛犬の健康においしい食事提案!「プチ手作り食」のススメ
  3. 【獣医師が解説】ペットの病気編: テーマ「7歳からの白内障ケア」…
  4. 【獣医師が解説】ペットの病気編: テーマ「愛犬のがん治療」
  5. 愛犬が下痢の時に良い食事はありますか?
  6. 人だけじゃない、愛犬も感じるストレス
  7. 健康体に育ってほしい! 離乳食(期)から成長期の子犬におすすめし…
  8. 冬を乗り切る!愛犬の食事管理のポイント
国産エゾ鹿生肉

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

馬肉小分けトレー
愛犬用新鮮生馬肉
PAGE TOP