子犬の育て方、悩み

愛犬のしつけ初級編 vol.5 愛犬の抱っこの仕方

愛犬のしつけ初級編抱っこの仕方

愛犬の抱っこの仕方

今回のテーマは愛犬の抱っこの仕方。

愛犬にしっかり抱っこを教えておくと
緊急事態、何かある時に抱っこして自分のワンちゃん守ってあげたり、
暑い時の散歩、途中で地面がすごく暑い。じゃあ抱っこして撤収
上手に抱っこ教えてあげれるとワンちゃんの身を守ってあげられるということにも繋がってくると思います。

ボディーチェック

抱っこして身体触って、ワンちゃんの身体どこかに異常はないか?
チェックする意味での抱っこというのをすごい有効かなと思います。

ちょっと大変なのは大型犬
抱っこするのにもパワーが必要っていう・・・。
大きなワンちゃんも抱っこいろいろやり方あると思います。
2人がかりで抱っこする方法もありますし。
抱っこというと。持ち上げるのが抱っこだと思っちゃいますけれども、
上半身だけ持ってあげるのも抱っこです。

愛犬のしつけ初級編抱っこの仕方

抱っこのやり方

抱っこはいろんなやり方があります。
そのおうちのワンちゃんにあった抱っこの仕方を飼い主さんも見つけてあげると良いと思います。
ダックス・コーギーだったりちょっと胴が長い、背骨が長いっていうのかな
そういうワンちゃんは抱っこ、持ち上げる時にすごい背骨に負担がかかったりしますので、
脇の下持って持ち上げるのはやめてあげてください。

しっかり持ち上げる。この時点でおしりをしっかり支えて持ち上げられるようにしてあげてください。
膝蓋骨で、膝の関節がゆるい子も抱き上げる時に変な持ち方しちゃうと、実はイタイってなってたりするので、
そこもちょっと考えてあげてください。
胴体、前脚の下らへんに手を入れて胸を持ち上げてあげ、おしり支えて、しっかり固定してあげてください。
で、おろす時も気をつけてあげてください。
下ろす時にてきとうに下ろす事がないようにしっかり足つけてから離してあげてください。

ワンちゃんもせっかちでサッて降りちゃうワンちゃんもいてるので、
あまりそういう癖はつけないように。

床の素材よっては、着地の瞬間ズリッて滑って足を痛める可能性もあります。
抱っこというのはおろすときまでが抱っこです。
しっかり抱き上げた、最後おろします。
最後しっかりおろすところまで抱っこ、ホールドはしっかりしてあげてください。

抱っこですが、たまに、すごく抱え込んで抱っこしている人がいます。
それがきっかけで目線も上がるし、逃げ場がないっていう意味もあるし、逆に強気に出るっていう子のいてるんですけど、変な抱き方をすることによって、ちょっと他の人とか犬とかに吠えるワンちゃんもいてます。
そういう子は、もしかしたら抱っこの仕方変えるだけで、ちょっと改善したりするので、
抱っこの仕方、位置を下げてみるとか、体の横にずらしてみるとか対応とってみてもいいかもしれないです。

愛犬のしつけ初級編抱っこの仕方

抱っこを好きに

抱っこは好きな子はもっと好きにさしてあげてください。
えー、苦手な子はちょっとできるようにはしてあげてください。
しっかりほめてご褒美あげてもいいです。
自分抱っこしてご褒美あげられへんかったら誰か家族の人に「今がチャンス!ご褒美あげてくれ!」って
ご褒美あげてもらってもいいです。
しっかり抱っこを好きにしてあげてください。

抱っこ一つとってもいろいろあると思います。
抱っこ苦手な子はちょっと好きに、好きな子はもっと好きに。
トリミング犬種はトリマーさんにだっこしてもらう必要があるかもしれないんで、
そういう子はよその人に抱っこしてもらうこともちょっと好き。
抱っこしてもらったら褒めてもらえるんですよっていう事も教えてあげてもらってもいいかもしれないです。
抱っこは何気なくしてしまっている人が多いかもしれないんですけども、
正しく持ち上げてあげてあげれているか、飼い主さんが姿見の鏡のまえとかで抱っこしてみて
不安定じゃないか、おしりずれてないか、胸の位置大丈夫か、
自分の手の位置チェックしてみてあげてください。

愛犬のしつけ初級編抱っこの仕方

リードつけた状態で抱っこ

リードつけた状態で、抱っこする時によくあるのが飼い主さんが抱っこしてる状態でリード踏んでいる。
この時にガクンって犬落ちてしまったりとか、首しまってキャンってなったりとかするので
こういう時は先にリードを自分にかける。
そしてその状態で抱っこしてあげてください
そうしたらリードで事故起こる事はないです。
リードの位置、抱っこする時にこういうのがついている時は、この位置も考えて抱っこしてあげてください。
意外と危なかったりするので、リードの位置、踏んだり、
飼い主さんに絡まってしまったり、ワンちゃんの足にからんでしまったりする事がないように
注意してあげてください。

愛犬のしつけ初級編抱っこの仕方

抱っこ。抱き上げることですけど
ぜひ小さい子は抱っこをどんどん好きにしてあげて、大きい子は大きい子なりに抱える。
立ってくれた状態に飼い主さんがばっと抱きつきにいくこれも抱っこです。
そういうのもぜひコミュニケーションの一環として教えてあげてくれたらと思います。

では今回のテーマ愛犬とアイコンタクトを取ろう終了です

 

あわせて読みたい愛犬のしつけ、トレーニングに関する情報


 

 

ベテラン ドッグトレーナー 石原先生が監修

愛犬のしつけドッグトレーナー石原先生

関連記事

  1. 動物病院・ドッグカフェに慣らそう!
  2. あなたは愛犬を信用していますか?
  3. 愛犬・愛猫の介護用品を上手に使う方法
  4. 愛犬の夏に大事な水分補給
  5. 愛犬のおやつ。正しい食育の知識から学ぼう!
  6. 玄関のチャイムや来客に吠えてしまう、無駄吠えの対策とは?
  7. 愛犬におやつを与えるタイミングって?おやつを上手にあげる方法
  8. 子犬選びのポイントは?飼い主も犬も幸せに暮らしていくためにライフ…
老犬馬肉

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

ホリスティッククッキング
帝塚山ハウンドカムASHU
PAGE TOP