健康

自然治癒力

病気やケガを治す力の中心は自分自身の「自然治癒力」です。

だから、少々のケガや病気は医者にかからなくても、薬を飲まず放っておいても治ります。

動物は全て最後の場面で血圧が下がってきたので上げようといくら昇圧剤を使っても血圧が上昇しなくなります。

これは体が薬に反応しなくなったためです。

つまり、「病気やケガ」は医者や薬が力ずくで治せるものではないということです。

たとえば発熱の場合、熱が出るとほとんどの方は大変だと慌てふためいて熱を下げようと解熱剤を飲ませます。

そして高熱だと頭がおかしくなるのでは・・・と大騒ぎします。

実際は熱の高さと重症とは関係ありませんし、頭がおかしくなる事もありません。

頭がおかしくなるのは脳炎や脳膜炎のウイルスが混じっているに過ぎません。

細菌やウイルス感染時の発熱はウイルスや細菌を熱の力で弱めて早く治そうとする防御反応です。

ですから解熱剤を使ってむやみに熱を下げるのは、かえって病気自体の治りが遅れる原因になります。

しんどいのは熱のせいではなく、熱の出る原因のせいです。

また、鼻汁や咳、嘔吐、下痢なども同様で治癒に向けての体の正常な反応です。

これらは全て体内に侵入した、または体内で生じた炎症産物を体外へ流し出す働きです。

これは防御反応ですから、止めようとするのはよくありません。

本来、犬や猫は痛かったりしんどかったらじっとして動かないものです。

動物は自前で治す仕組みがちゃんと備わっています。

その仕組を上手に引き出し、完治のお手伝いをすることが大事です。

愛犬に生肉を与え続けて10年の川瀬隆庸が監修

株式会社帝塚山ハウンドカム
代表取締役 川瀬 隆庸

  • 社団法人 日本獣医学会 正会員 会員No.2010172
  • 財団法人 日本動物愛護協会 賛助会員(正会員)No.1011393
  • ヒルズ小動物臨床栄養学セミナー修了
  • 小動物栄養管理士認定
  • D.I.N.G.Oプロスタッフ認定
  • 杏林予防医学研究所毛髪分析と有害ミネラル講座修了
  • 正食協会マクロビオティックセミナー全過程修了

愛犬の健康トラブル・ドッグフード・サプリメントなどアドバイスをいたします。

関連記事

  1. ペットと一緒に永眠!ペットの弔い方も多様化の時代
  2. 自律神経の乱れで起こる愛犬の体調不良~冬は、意識して基礎代謝と免…
  3. ポメラニアン パーティカラー ポメラニアンのこと、もっと知りたい! ― 人気の犬種シリーズ ―…
  4. 愛犬のお悩み、ズバリ解決します!(2)腎臓・結石・腸・関節
  5. コレステロールは悪者?
  6. 愛犬に生骨は大丈夫です。歯みがき効果、栄養もたっぷり!
  7. 噛んで健康ライフ!愛犬に「硬いものを噛む」習慣を!
  8. 愛犬の夏の水分補給を上手にする方法
老犬馬肉

新着記事

獣医師が解説

食事の記事

一番鶏のネック骨付き
愛犬用新鮮生馬肉
PAGE TOP